人気ブログランキング |

静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー

2004年 04月 21日 ( 1 )

自己責任???

a0013854_184042.jpgまた
http://yamashita.jugem.cc/tb-sv.php/10
さんの記事へのトラックバックです。

>同じ日本国民が殺されるかもしれない
>状況からやっと開放されたんだから、
>暖かく向かえてあげればいいのに、と思います。
>国が国民の自己責任うんぬんなんて、いちいち追及してたら、きりがありません。
>日本人は1億2500万人もいるんだから、命令を無視して、
>損得抜きで危険なところに行ってしまうアホな国民がいたって普通です。
>国が『個人の責任』なんつうことを話している内は、大勢が見えていない証拠で、
>他の欧米諸国に見下されても仕方がありません。

そうでしょうか??
僕は今回の国が取っている対応はものすごく一貫していて、素晴らしい対応だと思います。『人の命が大切』この点に関しては、わけのわからない他国で起こっている事件、事象に対して、日本国内、そしてイラク国内での対応は十分だったと思います。
帰ってきてからの対応も十分だと思います。
 
 『自己責任の範囲で』と言っていますが、確かに何処までが自己責任かわかりません。人質になった人が、
『そんな(中傷するような)言い方をするのであるならば、助けなくても良かったのに』
と思っていたとすると、勝手に日本政府が助けたことになってしまうので、そのような状況のお話はここではおいて置きますが、人質となってしまった人の『イラクの人たちを救いたい』という心は確かに素晴らしい心だと思います。
 
 しかし、『戦場』、しかも今この瞬間において一番世界が注目するあのイラク国内での一般人の行動は、『アホな日本人のとった行動』だけではすまされないと思います。

●今日4/21の福田官房長官のコメント
『本人たちの配慮が足りなかったことは否定できない。自己責任とは自分の行動が社会や周囲の人にどのような影響があるかをおもんぱかることで、NGOや戦争報道の役割、意義という議論以前の常識にあたることだ。自ら危険な場所へ行って信ずることをやりたいという人を政府が強制的に止めることはできない。しかし、多くの人に迷惑をかけるのに、十分な注意も払わずに自分の主義や信念を通そうとする人に、それを勧めたり称賛すべきだろうか』

と言っています。同感です。

 それらの(彼らのような事件に巻き込まれてしまうかもしれない人たちの渡航など)行動は、国が管理するべきことですし、外務省たる組織があるのであるならば、それに従うのが国民の義務であるとも思います。なぜならば、外務省は日本人を守る立場であるからです。中央線を酔っ払って止めてしまうとか(これもとてもいけないことですが、)の問題とは、程度が違いすぎると思う。

 さらに日本人の悪いところとして、メディアが極端に取り上げます。
例えば今回の事件を小泉さん、福田さん、与野党議員が揃って『勇敢な青年達だ』と言ったとしたら、それはそれで大事になっているだろう。今頃日本国内の暇な人たち(本当に救いたいと思っている人には失礼ですが)は、イラクへ旅立つと思う。日本国中が、あたかもイラクへ行くことを推奨するかのごとく、騒ぎ立てると思う。
 日本はメディアの影響力が変なところで強すぎる。そして、偏りすぎる。と僕はおもう。だから、国の責任のある人が称えるべき行動ではないと僕は思う。

 もうひとつ、フランス人記者だったり、アメリカのパウエルさんだったり、、、『何故日本は彼らを称えないのか??』と言っている。
 称えたら、とんでもないことになるからです。と言ってあげたい。要するに、日本人としてのアイデンティティーが、他人に迷惑を掛けることを美徳としない。さらに、称えたとしても、まともに日本人には心に響かず、湾曲した事例として、別の尺度で彼らを評価するからだ。
 そしてそういう外国のメディアが、日本人の重んじる義理・人情などに通じる他人に迷惑を掛けないという思想自体が伝わらないのは、当然だと思う。だから、フランス人記者が、、、アメリカ人が、、、なんて、ほうっておけばいい。日本人としての対応をすればいいと思う。
 
 だから、今回のような国の対応が、二次的な同じような被害者を出さないためにも、そして、実の部分で本当に心配していた家族をはじめ、多くの労力を費やした内閣・日本政府の側の気持ちを伝えるためにも、当然あるべき態度であったと思う。
 しかるべきして、厳重注意した政府の対応は、間違っていないし、他の国のメディアがどう取り上げようと、それを貫くべきである。

>要するに
>何でこんなに駄目駄目なのか。
>すべての問題は、教育にあります。
>横並びで、協調性があることを美徳とし、偏差値というバーチャルなもので
>競争させることで、『自分は実社会に置いても有能だ』という勘違いした
>高学歴な人材をたくさん生み出してしまいました。
>こんな教育環境が、数十年も前から行なわれており、
>今の子供の親の世代も、間違った教育を受けています。
>なので、学校教育もそうですが、すでに成人している大人にも教育が必要です。
>家庭環境と学校環境の両方が整はないと、
>日本に『個人の意思』を持った国民は増えていきません。
>今の日本人は日本人だという誇りを持てなくて当然です。

この点に関しては、まさしくその通りだと思います。
日本人が日本人の考え方のスタンダードを持っていないから、メディアに流される日本人が増えて、偏差値教育が繁栄されて、強気で物事を言えなくなるんだと思います。経済大国日本を支えてきた団塊の世代の彼ら(サラリーマンをはじめとする働くことを好む人たち)が気づいてきたものは、確固たる日本の財産だと信じています。あと、これに信念が備われば、メディアの報道の仕方も、すぐにメディアに乗って他人の悪事を中傷する世論も多少は変化するのだと思います。

って感じです。

最後に
 イラクで人質になってしまった人たちは政府から注意を受けて批判されましたが、それは、車から顔を出して遊んでいて、怪我をした子供が、『走っている車から顔を出すと怪我をしちゃうから、ダメなんだよ』と親に教えてもらった感覚として僕は捕らえています。
こういうことをしっかりとメディアの前で言える人たち(政府)は素晴らしいと思うし、毅然とした態度でよかったと思います。この対応が、今現在の日本国内でとるべき最善の対応であったと信じています。
by sousukeid | 2004-04-21 18:41