人気ブログランキング |

静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

どうして 売れる ルイ・ヴィトン

ハイライトです。

ブランドは大きく分けて3つに分けられる。

第一は伝統ブランド
歴史・技術などが集約していて、
そこにしかないもの、
そこでしか実現できない技術などを有するもの。
西陣織
輪島塗
ボヘミアングラス
祇園の舞妓
など。



第二は大量生産ブランド
大量の広告宣伝によって、知名度をを高め、買い手に安心感を与える。
そして購入の際の意思決定コストを抑えることにより販売量を増やす。
商品の生産利益を得る。
トヨタ・コダック・コカコーラ・ソニー・ヒルトンホテル・マクドナルド
など。


1980年頃から、第三のブランドが誕生。

第三のブランドはある特定のイメージを生み出すことによって、
買い手に重い経験感と満足感をあたえ、
製造コストとはかけ離れた価格で販売することを狙ったもの。
エルメスは、馬具製造業者だが、スカーフやネクタイを。
ダンヒルは喫煙器具製造だが、スーツを、
宝飾のティファニーは筆記用具を販売。
知恵の価値を創造し、販売するブランド、「知価ブランド」である。


今日、日本ではルイ・ヴィトンはもっともよく知られたブランドであり、
その製品は2500万個以上も使用されているという。
日本国民5人に1人、成人女性なら2人に1人は持っているという大量販売の高知名度商品である。
トヨタ・パナソニック・キャノンに匹敵するだろう。





以上。










では。
by sousukeid | 2008-12-28 19:09 | 問題・意見・時事問題