人気ブログランキング |

静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

靖国で会おう 靖国神社


ったく暑いったりゃありゃしねえ。
溶けちゃうよ。本当に。
つーか渋谷はPAPICO(アイス)が売ってないよ。本当に。どうかしてるよ。



終戦記念日ということで、
『じゃ、靖国行ってくるね』
と。。。
で、九段下まで行くわけですよ。渋谷から。半蔵門線に乗って。
けんちゃんと二人で。ね。
ココイチのカレー食べたあとにね。
すべらない話宮川で笑ったあとにね。



a0013854_15132385.jpg

靖国神社

a0013854_1514496.jpg

ニ礼ニ拍手

a0013854_15142533.jpg

兵隊さんです

a0013854_15144550.jpg

零戦



夏を感じますね。
昨年の、みたま祭り以来です。





小泉さんも二年連続で参拝したようで。

小泉内閣発足時、
日本国民の支持率が70%もありました。
公約で、
『どんな抵抗勢力があろうとも、終戦記念日の靖国参拝を行う』
ことを掲げたあの総裁選。
ある意味でこれが日本の支持率の基盤だったのかもしれないと思うと、
靖国神社という場所は、日本人にとって、本当に特別な場所であり、
今日の参列者の多さを目の当たりにしても、
『もはや戦後ではない』
とはいえ、
戦争・終戦記念日というものが、どれだけ国民の中の心を占めているのか、
考えさせられるわけですよ。







侵略戦争。
東京裁判、A級戦犯。
従軍慰安婦。
南京虐殺。
憲法改正。










どれが確かな知識なのかわからないまま、
そして明確にしないまま、
『それ』から62年もの年月が経った日本。

思想の右よりだとか左よりだとか関係なく、
『靖国であおう』
と言い残し、
爆弾を抱えて飛び込んでいったような8月もあったんだって。
10代にして、『何か』のために命を落とすという、
そういう世界があったんだ。って。

『それ』は、未来永劫残していかなければならない。
それが、
『歴史』
という勉強にほかならないのだから。
と思います。









今日も、いつもと同じ暑い夏ですが、
靖国神社の日差しは、
何か特別な力を感じました。













明日朝、片貝行って来ます。
サーフボード治りました。
あとはnixonの時計だけです。


















では。
by sousukeid | 2007-08-15 15:16 | 戦争