人気ブログランキング |

静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

~僕を取り巻く人々part3~伝説の男吉祥寺K.K太郎さん


一度しかない人生、楽しまなければしょうがない。

忘年会シーズンに入ろうとして、食生活の乱れを感じさせる最中、
なぜか口内炎が2つほどできてしまい、
昨日から朝コンビニで、チョコラBBのドリンクを購入し、
飲むようにした、そうすけです。

口内炎って、理由があってできるんですよね??
食生活なのか、自分で噛んでしまったのかわかりませんが、、、気になる。

一度しかない人生ですが、毎日が普通に過ぎて生きます。
2004年ももう終わり、そんなことで、人生の過ごし方分析でもしようかと、執筆中です。

人生、生きていると、
『人はみんな違うんだ。』
と納得する場面が多々ある。当たり前だが、、、

さて、今回のご紹介は、待ってました。泣く子も黙るK.K太郎さん。

簡単に僕の学生時代からの先輩であるK.K太郎さんのご紹介。

26歳、吉祥寺・仲間をコンセプトに生きる自由人

1.吉祥寺を心の底から愛してやまない。
お酒を飲むと、
『吉祥寺なめてんのか??』
と本気で切れてきます。
K太郎さんの地元は吉祥寺。本当にいい街です。

2.酒乱だ。
いや、これは、すごいですよ。
26歳なのに、僕が帰ろうとすると、走って追いかけてくるんです。
『待てコラ』
と、新宿でも渋谷でも、颯爽とダッシュしてきます。
映画のワンシーンだ。

3.自由だ。
He is free as a bird.
外人に紹介するならこう言うね。
ばったり街中で会う確率が、ものすごく高いです。
どこにでもいます。フットワークが軽いんでしょうか??

とまあ、こんな感じである。


K太郎さんの吉祥寺愛には、本当に感心させられる。
あの街自体がとても似合う方である。
人情味があって、お酒が好きという、
一昔前の、『あしたのジョー』の丹下段平ばりである。

なんといっても、
『酒乱』
である。
ここで酒乱エピソードをいくつか・・・


僕の友人や先輩には、酒乱は多々登場するが、
先輩と接すると、すべて
『兄貴!!(あにき)』
と大声で叫び、
同年代の人や、後輩などと飲むと
『兄弟!!(きょうだい)』
と叫ぶのは、後にも先にも、彼だけである。
その現場は、居酒屋さんの中でもお構いなしである。
彼とのみに行って、大体この言葉が聞こえてくるときは、
『のりのり』
である。もう、逃げたほうがいい。


何を隠そう、昔、井の頭公園のステージで、
K太郎さんに強要され、
『自分の夢』
を明け方の5:00くらいから大声で発表会をしたことがある後輩は、
僕達です。僕の後輩は泣いてました。
ちなみに僕の友人は、コンビニでカップラーメンを食べようとした矢先に、
『こんなものは男の食べるもんじゃねえ!!』
といって、一蹴されたとか。
(そのときは、コンビニの前で、吉祥寺決起会なるものを行っていたとか。)
そうなんです。意味不明なんです。


最後のエピソード、これは、伊豆白浜へ旅行に行ったときのお話です。
僕も参加していたサークルの皆さんと共に伊豆白浜に旅行に行ったんです。
僕は1年生で、3年生としてK太郎さんは参加していました。
そのとき、民宿で大量にお酒をみんなで飲みました。
そしたら、、、
2年生が、10名くらい一列になって、腕を後ろに組んで、立っています。
そうです。K太郎さんが、説教をしているんです。
『飲むのか飲まねえのかはっきりしろ!!』
と叫んでいます。
2年生は必死にぬるくなった発泡酒を飲んでいるのですが、
どうやらそれでも納得いかないらしく、
永延と続くんです。
そのとき、3年生の一人のMひろさんが、K太郎さんを止めに入りました。
『もういいじゃん、』
というような感じで、
そしたら、、、怒りの矛先は2年生諸君ではなく、Mひろさんに、、、
K太郎さんは酒乱から、殺人鬼へ変貌を遂げている事に気づくのには、
そう時間は必要ありませんでした。

『M、できるだけ遠くへ逃げろ!!』

今でも、あの時叫んだ代表のT郎さんの叫び声が聞こえてきます。

仲間内で楽しいはずの伊豆白浜旅行なのに、
Mひろさんは、裸足で走って、500m先のコンビニエンスストアに逃げ込みました。
こんなことは、日常茶飯事です。


とまあ、こんな感じです。


酒乱ぶりばかりを公開していましたが、
このような貴重な経験は、人生の糧になります。

もちろん、男『K太郎さん』としても、
友人・後輩からの信頼は厚いものがあります。
これからも、吉祥寺のK太郎さんと一緒に、
朝まで飲んで見たいと思います。


ここで最後にみなさんに忠告です。
吉祥寺のK太郎さんと飲む時の注意事項


1.危なくなったら、走って、逃げろ。



以上
by sousukeid | 2004-12-07 08:42