静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2004年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の終わり

 夏が終わってしまいそうですね。
今年はものすごく暑くて、いい夏でした。

どこへ行ってもむんむんとする熱気がうそのように、今日とかは寒い日になっていますが、、

夏が嫌いな人ってあまり聞いたことがありません。
(聞いたことはありますが、僕の周りには最近はいません。)
またこの夏を待つのに、1年もかかると考えると、少しさびしいですが、
今度は寒くなっていく秋・冬を楽しみたいものです。
まぁそれなりに季節ごとに楽しいことはありますから、、、

もし、四季がなかったら、それはそれはつまらないでしょう。
(1年中夏でも楽しいかもしれませんが、、、)
日本人でよかったって感じですね。

風鈴
カキ氷
プール(海)から帰ってきた時の疲労感
午後のお昼寝とそのバックで流れる甲子園野球中継
夜の花火
ひと夏の恋・・・

終わりはさびしいものです。
さぁここからは、誰もが哀愁感を漂わせる秋に突入!!

皆さん、落ち込みやすい季節ですが、前向きにがんばりましょう!!a0013854_15201572.jpg
[PR]
by sousukeid | 2004-08-28 15:18
『伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ』
 NHKの刈屋富士雄アナウンサーの絶叫とともに、最後の演技者冨田が着地をピタリと決める。28年間待ち続けた瞬間。会場のすべてが日本の優勝を確信した。明け方の日本中がテレビの前で鳥肌をたてた。ライバルのアメリカ選手たちも思わず拍手を送る。9.850の高得点。沸き起こるニッポンコールのなか、選手とスタッフは抱き合い健闘をたたえ合った。ロサンゼルス・タイムズも「鉄棒を離れる様子はまるでチョウのようだった」と報じた。

このシーンみなさんVTRで見たでしょうか??
とても感動的なオリンピックのシーンです。
本当に『伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ』
と言った瞬間に着地を成功させるんです。。。

 最近、涙もろくなったのか、メディアが報じるオリンピック映像などで、感動的な演出をされると、ついついジーンときてしまう。

 この、体操団体の最後の演技のシーンは、とてもすばらしい実況ができています。ご覧になっていない人は、オリンピック特集をばっちり見てくださいね。アナウンサーのすばらしさというか、意味をとても感じるシーンでした。

 今回のオリンピックでは(近年では毎回そうなのかもしれませんが)、いろんな民放が放送を担当します。でも、どの競技にどの放送局か、というのは、必ず決まっていて、後でスポーツニュースなどでハイライトなどを振り返るとき、どの局でも、その担当した局の競技を実況したアナウンサーのアナウンスがそのまま引用されるとかされないとか、、、
局ごとに、当然実況は異なるのであって、色が出ているわけですが、今回のこの体操の実況は、今のところ脳裏に焼きつくランキングトップですね。金メダルあげちゃいたいくらいです。

 でも、当然、目立つのは選手。悔し涙や、うれしい笑顔をたくさん見せてくれますね。

 メダルラッシュの日本ですが、確かに、メダルの数が一番重要だとは思いませんが、結果を出せる日本人になったということは、とてもすばらしいことだと思います。

 野球・井上康生選手・浜口京子選手・などなど、かなり悔やまれるシーンたくさんありましたが、オリンピック、いいかも!!とか久しぶりに思いましたね。

『あー金メダルとって、アナウンサーに実況されたい!!』と思った今日この頃でした。a0013854_15195650.jpg
[PR]
by sousukeid | 2004-08-25 15:18

井上康生

 本当に残念でした。
彼が、大本命の選手であることは、日本中、世界中が知っていたことだったと思いますが、残念ながら、4回戦(準々決勝)で敗北となってしまいましたね。

北島君は、2冠と言うことで、ものすごく気持ちいい感じがしました。日本人も、プレッシャーに強くなったなぁと思いながら、オリンピックを見ていたわけですが、やっぱり人間なので、中には、プレッシャーをものすごく強く感じてしまう人もいるんでしょうか。井上選手は残念です。

オリンピックに出るような人たちは、いろんな国際大会とかを経験しているわけですが、やっぱり4年に一度のオリンピックは、とても重要だと思います。その中で、プレッシャーを感じて勝つことは、とてもすごいことですし、逆に失敗したときの気持ちは、計り知れないものがあると思います。

高校球児が、3年間練習し続けて立つあのグラウンドとか、4年に一度のオリンピックとか、素晴らしい舞台を見ると、自分も頑張らないといけないなとつくづく思います。
[PR]
by sousukeid | 2004-08-20 16:49

お盆休み

昨日まで、なんと一週間もお盆休みを取っていた僕は、今日、一週間ぶりにPCのキーボードを叩きます。
あぁ、切ない。。。
そんな感じの一日のスタートです。

小学校、中学校の頃は、40日間も何してたんだろう、、、と考えたりもします。
7日間だけで、ものすごくお金を浪費してしまいましたが、遊びと言う遊びはしたつもりです。こんなのが40日間も続く小学生・中学生は、そもそもお金持ちなんだなぁとも思いました。

今年の夏は、伊豆白浜から始まり、地元静岡市で野外RAVE・BBQ、朝まで耐久飲みなど、連日『殺人的スケジュール』をこなしました。
ちなみに甲子園は、地元の高校(東海大翔洋)がまだ勝っていて、嬉しいです。でも優勝は横浜高校で決まりだと思いますが、、、

まあ、こんなお盆休みを充電期間に、今日からお仕事を頑張りたいと思います。

以上
[PR]
by sousukeid | 2004-08-16 08:51

日本の底力

 サッカーアジアカップが中国で行なわれていますが、連日、日本イレブンの頑張りというか、底力というものにはは、ものすごく感心させられるところがあります。
逆転勝利が多く、見ていて、非常に楽しいです。
このまま中国にも勝って欲しいのですが、マナーがものすごく悪いですね。
ちょっと、あまりにも子供と言うか、中国人サポーターの国歌演奏中のブーイング、反日感情むき出しの横断幕など、、、中国で行なわれている反日感情の教育がそうさせているのであればぞっとします。
   つづく
[PR]
by sousukeid | 2004-08-04 08:47