静岡出身 里中ハル 新海元 久利生公平 沖島柊二 片桐哲平 瀬名秀俊 上田武志 誰よりも木村拓哉と静岡県清水市(現静岡市)と清水エスパルスと清水東サッカー部を愛す 気がついたら33歳


by sousukeid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一人旅の醍醐味。東京の南島~新島~



こんにちは。
新島村から昨日帰ってきた聡亮です。
生きてます。
体調は万全ではないですが、
行く前よりは爽快なのかな?





a0013854_12571943.jpg

前日けんちゃんとモンスーンで夜遅くまで飲んでたので、起きるの大変でしたが、
6時には家出てたのかな?サーフボードを持って行くのが大変!!
渋谷駅まで歩けないでしょ。ボードを持っていたら。。。
だからバス!!一人旅不安で不安で仕方ないですね。









今回、終始、一人でした。
初日は、
普段歩いて渋谷の街に繰り出せる都会っ子ぶりが災いしたのか、
最寄のレンタルショップは渋谷駅前TSUTAYAの都会っ子ぶりが災いしたのか、
新島の夜のゴーストタウンっぷりにホームシックにかかった僕でしたが、
最終日、
『まだこの島にいたい』
と素直に思いました。




一人でいた分、色々考えました。
K-Dubではありませんが、

たまにはゆっくり座って自己分析と化してフード正して、、、

って感じでしたね。











そういえば昼寝している時、夢もたくさん見たな。。。











a0013854_12585278.jpg

最終日の部屋からの夕日です。。。

毎朝4時に起きて、
自転車で羽伏浦まで行って、
サーフィンして。。。



a0013854_1362070.jpg

初日の羽伏浦。波、なかったな。セットでやっと膝モモっくらいが3日間続きました。
ただ、本当に水は綺麗です。最高です。人もいないしね。



a0013854_13322541.jpg

大活躍のレンタサイクル。2泊3日で2.000円。


a0013854_1334229.jpg

羽伏浦に繋がるメインロード。

a0013854_1374241.jpg

リュック背負ってトランクスで歩いて島を回って・・・。



a0013854_1385279.jpg

wax本当に人が少なかったですが、みんないい人です!!

a0013854_1393865.jpg

浜辺・音・あかりの雰囲気がすばらしい!!

a0013854_13103115.jpg

ハンモック気持ちいい!!



a0013854_1313108.jpg

羽伏浦メインゲート前。


8時位に上がってパン屋さんに行ってパンを買って、
民宿に戻って朝ごはん食べて。。。
昼間は炎天下の中をサーフパンツでサイクリングして島をぐるぐる回ったり。
昼間から無料温泉に入ったり。。。
昼寝をして夕方またサーフボード片手に羽伏浦まで行って海に入って・・・
日が暮れてきたら民宿に戻ってその日の夕食場所を探す・・・。
ご飯食べたら、今度は自転車で夜の新島めぐり。
超静かです。ありえないほど静かです。
ある意味ゴーストタウンです。
で、前浜行ってwax行って。音楽聴きながらハンモックに揺られてお酒を呑んで・・・

帰って寝て、また朝4時に起きて羽伏浦まで自転車で行って海入って、
セットの間にどっから来たの?なんて会話しながら、
波待ちして、
また上がって、今度はライフガードの人たちと和んだり、
犬の散歩している人たちと話したり。。。

一人旅って、話す人がいないから、
本当に話している時間が少なかったです。
一人で話していても気持ち悪いんですが。。。

でも不思議なことに、
挨拶を交わした人は、数え切れません。
街ですれ違う自動車の人にも、
通行人にも、
みんなにおはようございます。とか、こんにちは。とか。そうゆう挨拶が自然と出るんですね。
この街は。
すばらしい。



いろいろな人と出会いました。





今回泊まった民宿のおばさん。

レンタルサイクル屋さんのおじさんとおばさん。

羽伏浦海水浴場のライフガードの方。

湘南から来ていた僕の父と同じ年の細いサーファーおじさん。

浜松から2人で来ていたサーファーの方。

外人サーファー2人組。

waxの主催の方々。

居酒屋のおじさん。そのかわいい娘さん。
カレーを食べて汗だくになってる僕に声をかけてくれたおばさん。

帰りのお土産屋さんで一緒にサバを七輪で焼いたカップルの方々。

道ですれ違う旅に挨拶をしてくれる観光客や、島の人々。

帰りのジェット船で一緒になって、新島の伝統を30分も話してくれた新島出身で水戸に住んでいる70歳のおばさん。



a0013854_13153681.jpg

一人旅は自分の写真を撮るのも一苦労。でも撮らないと、お前、本当に行って来たのか?写真どっかで拾ってきてBLOGアップしてんじゃねえのか?と疑われてしまうので、撮ってきました。数枚。これ、間々下温泉近くね。

a0013854_1335087.jpg

なんだかね。神秘的なものたくさんですね。つくりが。



a0013854_13182227.jpg

ヘリ下から、羽伏浦へ続く道。




僕にとって、
新島村というあの村のすばらしさを体感できたことが、
何よりも大きな財産です。


a0013854_1333525.jpg

これが24時間空いている無料温泉です。

a0013854_13332815.jpg

神殿みたいでしょ。


a0013854_13145741.jpg

帰りの船を待っている間、
カップルと僕と3人でサバをおじちゃんにもらって七輪で焼いて食べました。





昔、新島の名前を落としてしまった。
と、
帰りのジェット船で一緒だったおばさんが言っていました。

『あなたがまだ生まれたばかり位の頃かしら、
新島の村は本当にダメな村になっていたのよ。
今はその頃とは違って、本当にいい村になった。』

『観光客が変わった』と。
切々と語ってくれました。
昔はナンパ目的やら、
マナーの悪い観光客でごった返していたあの新島も、
今は、観光客が進んで挨拶をしてくれる。
観光客の質が明らかに10年前と違う。
と、
とても喜んでいました。
僕もそんな観光客になれたのかな?
そんな新島村、また行きたいです。
おばさんからは、色々聞くことができました。
昔の新島村の話。
今の新島村の話。
村内での結婚の話。
若郷村という場所の話。
焼夷弾とかで怪我をしてしまった頃の昔話。
とかとか。
新島のこの旅行が終わろうとしているそれを、
この人がまとめて締めくくってくれました。
ありがとうございます。
本当に勉強になりました。



a0013854_13335059.jpg

新島港です。


a0013854_1313373.jpg

大活躍のトランクスとタッパです。








新島村。
来年も行きたい。








つーかこの記事写真多杉村たいぞうだろ。
って思ったあなた。
それ、僕が一番感じてますから。
つーか写真が風景ばっかでつまんねえよ
って思ったあなた。
一人旅で自分を撮ろうとするのがどんなに恥ずかしいか。
どんなに神経を尖らせるか。
一度やってみてください。
ま、もともと風景画好きなので。












a0013854_13374693.jpg

ヘリ下ポイントね。












では。





いい人ばかりだよ。新島は。
観光地は、観光客の質がとても重要だと。
そうゆうことだそうすけです。












つーか東京も新島も変わらないくらい暑いですね。。。。
[PR]
by sousukeid | 2007-08-08 10:30 | 澤野聡亮の人生・日々是成長